高級車を中古で買う?損をしないために行うこと

高級車を中古で手に入れるのなら

高級車が欲しいと考えた場合、新車には手が届かず、中古車という選択肢を選ぶ方もいるでしょう。しかし、中古は新しい車両とは違って、品質が一定ではないので注意して購入しなければいけません。高級車ならば、中古でもそれなりの値段がするため、きちんと選ばなければ乗り始めてから後悔してしまいます。

基本は走行距離と年式を確認

中古車を購入するときは、どのような車両であっても、走行距離と年式を確認するのが常識となっています。

まず、走行距離が多ければ多いほど、パーツを使用したことによる劣化が進んでいる証です。また、年式が古い場合は、それほど乗っていなくても、パーツの経年劣化が進んでいるといえます。

劣化が進んでいる中古車は、購入してから乗れる年数が短いと考えられるため、安いからといって飛びつくのはやめましょう。ただし、定期的なメンテナンスがきちんと行われていたのなら、走行距離が多く年式が古かったとしても、まだまだ長い間乗れる可能性はあります。パーツがどの程度劣化しているのかは、中古車店のスタッフに聞けば教えてくれるため、質問することが大切です。

グレードを確認しよう

高級車は同じモデルだとしても、さまざまなグレードが存在している場合が多いです。そのため、カーナビやスマートキーなどの欲しい装備があったとしたら、そちらが付属しているグレードを選ぶとよいでしょう。もちろん、それらの装備は後から取り付けることもできますが、高級車の純正品は結構な値段がするため、装着済みの中古車を選んだほうがお得です。

北欧スウェーデンに本拠地を置くメーカーのボルボは、他社にはない魅力があり人気があります。安全重視のボルボの中古車は、市場でも人気なのです。